熊谷総合病院 看護師求人情報|看護師・准看護師・助産師募集|新卒・中途採用

先輩のメッセージ

今まさに現場の最前線で活躍している先輩看護師。でも、始めは皆さんと同じ希望や不安を抱えた新米ナースからのスタートでした。ここでは、先輩看護師やキャリアアップを成し遂げた認定看護師からのメッセージを紹介します。

診療看護師 多田 朋子

tada  当院では、糖尿病の患者さんにきめ細やかな対応を提供したいということもあり、外来と病棟で、医師の包括的指示の下に活動を行っております。医師の包括的指示とは、あらかじめ予測できる事態に対して方法や手順を決めておき、その範囲の中で検査を計画する事や、検査結果に対して判断すること、薬剤の調節を看護師自らが判断して実施する事等が含まれます。
 病気を持ちながら生活をしていくことは、思いもよらない疑問や不安を持つことも多いと思います。外来診察では、患者さんのお話を充分に聞くと共に、患者さんが自宅に帰っても不安にならないような説明を心がけています。
 これからもより良い医療を、より多くの患者さんに提供できるような新しいシステムが構築できるよう頑張ってまいります。

医療安全管理専従看護師 冬木 朱美

fuyuki.jpg 医療安全管理専従看護師は、患者さんに安心・安全な医療の提供を、また、職員が安心・安全な医療の提供ができる環境作りに努めています。院内におけるヒヤリ・ハット報告と医療事故報告を集計し、集計した内容について調査・分析・対策などを検討、会議に報告して院内の周知をはかります。また、医療安全に関する新人スタッフ研修・再就職支援研修・看護補助者研修・職員全体研修等の企画運営をしています。安全意識向上のため、院内のマニュアルの浸透や職員間の良好なコミュニケーションをはかり、安全文化の醸成を行ないます。

感染管理認定看護師 棚沢 智行

tanazawa.jpg  感染管理認定看護師は、患者さん・ご家族・病院スタッフ・委託業者等院内のすべての人々を感染から守る役割を担っています。
 患者さんにとって安全な医療を提供する事、職員にとっても安全な職場環境を整えることを目的に、感染症情報の提供・ICT活動(院内感染対策マニュアルの作成・改訂、ICTラウンド、院内感染対策教育・研修会)・コンサルテーション・院内感染発生時の対応と対策を主な活動としています。
 感染対策の活動を推進するにあたっては、決して1人では効果的な対策は実施できません。ICTメンバーへの報告・連絡・相談を怠らず、ICTメンバーやリンクナースと連携し、1人でも多くの協力者と実践者を増やしていくことが重要です。コミュニケーションと笑顔で、円滑にチーム活動が行えるよう心がけています。

緩和ケア認定看護師 吉田 靖子

yoshida.jpg  がんや病気の治療が困難と診断された時から「緩和ケア」は始まります。
 私は、がんと診断され、身体的・精神的苦痛と不安を抱えたさまざまな患者さんやご家族に会ってきました。それは、その方らしい日常生活が最後まで送れるような看護ができたのかと自問する日々でした。
 たとえ積極的な治療ができなくても、苦痛や不安を和らげることで、少しでも患者さんやご家族に笑顔が戻り、有意義な時間を過ごしてもらいたい。そんな入院生活を提供できたら。いつの頃からか、がん看護を学び、専門的な知識・技術を身につけたいと思うようになっていました。
 緩和ケア認定看護師は、徹底した苦痛症状の緩和(疼痛及び疾患に伴うその他の苦痛症状の緩和)及び療養の場に応じた患者さん・ご家族のQOLの向上を図り、患者さん・ご家族のグリーフケアを担います。
 現在、患者さんの症状緩和を中心に、ご家族のケアについても外来と入院の切れ目なく支援するため、他職種との緩和ケアカンファレンスを行い、スタッフ一丸となり取り組んでいます。

皮膚・排泄ケア認定看護師 萩原 祐子

hagiwara-y.jpg  皮膚は人体最大の臓器です。皮膚は私たちを守るだけではなく、視覚的印象に大きく影響します。忘れがちですが、皮膚は排泄機能としての役割も持っています。
 皮膚・排泄ケア認定看護師は、スキンケアを基盤とし、創傷(褥瘡・下肢潰瘍など)、ストーマ(人工肛門・人工膀胱など)、失禁(排泄物のもれなど)の領域において問題を抱えている方を対象に、皮膚の健康を保つ予防的ケアを行い、効果的な治療を促進させ、排泄障害を抱えながらその人らしい生活が送れるように実践・指導・相談などの支援をしています。
 また、院内の褥瘡専従看護師として褥瘡予防対策に従事し、褥瘡発生の要因を把握し、予防対策のシステム作りを行い医師や他職種と協働し、安全・安心・安楽な療養生活が提供できる褥瘡ケアを目指しています。
 皮膚・排泄ケア認定看護師として、大変な事やつらいこともありますが、いままでもこれからも患者さんが身を以て経験させてくださることで、私を育ててくださっていることに感謝し日々研鑚しています。退院後ストーマ外来で「何も困ってないよ」という言葉を聞くと喜びとやりがいを感じます。
 常にその人らしさを考え、患者さんと共に歩みながら心地よいスキンケアを提供できるように努力してまいります。

手術看護認定看護師 萩原 昌子

hagiwara-m.jpg  手術看護認定看護師は、手術療法を選択された患者さんが退院後スムーズに社会復帰ができるよう、病棟と手術室間や他職種間とのチームとしての連携を取り持つコーディネーターとして活動をしています。  手術をする目的は疾患の治療だけではなく、その先の社会復帰と捉えています。『また畑仕事がしたい』『仕事をバリバリこなしたい』など、そんな患者さんの未来に寄り添いますので、社会復帰後に抱いている希望をぜひお話しください。  具体的な関わりとして、手術前には恐怖心や不安があると思います。それらをゼロにすることは難しいですが、少しでも軽減できるよう手術中の様子がわかるように術前訪問を行います。また手術中、全身麻酔で意識がなくなり自分の身体を自分で守れない患者さんや、局所麻酔で恐怖と闘っている患者さんの代弁者でもあります。少しでも患者さんの気持ちに寄り添えるよう、コミュニケーションを密に取り、患者さんに一番近い場所で看護を提供いたします。手術後は手術中の様子を病棟看護師へ伝達し、患者さんの社会復帰後の姿をイメージしながら、適切なケアを一緒に考えチームで共有していきます。  怖いという印象の手術室ですが、手術が終わり、手術を振り返られた際に、怖かったという印象が残らない手術室を目指し、日々研鑽しています。

患者サポート相談担当看護師 大澤 玲子

osawa.jpg  当院では、患者さんに安心して診療を受けていただくために、「患者サポート相談窓口」を設置しております。
 外来での診療や入院生活において、不安や疑問・不満に思ったこと等ご意見がありましたら、お気軽にお声掛けください。患者さんと医療者がより良い関係を築き、患者さんが安心して納得した医療を受けられるように丁寧な対応を心がけています。
 ご相談の内容に応じて医療安全推進委員会に報告し、分析・検討しあらためてご返事させていただくこともあります。
地域の皆様に適切であたたかな医療が提供できますよう、全力でサポートさせていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

新館4階病棟 平成25年入職 山本 翔太

yamamoto.jpg  入職と同時にオープンする救急棟に興味があり、救急棟への配属を希望し、急性期の脳外科と内科の混合病棟に配属となりました。看護大学の実習では、脳外科の患者さんへのケアは未経験のため不安がありました。
 しかし、当院の新卒教育はゆっくりと前に進ませてくれるので、確実に業務を覚えることができました。
 また、わからないことや不安なことは、周りの先輩たちが根拠からよく教えてくれたので助かりました。
 入職して4年経ち、今は日々のリーダー業務として患者さんの全体を把握し、その日の手術や検査出し等がスムーズに行えるよう優先順位を考えて業務調整をしています。
 様々な院内・院外の研修に参加しました。3年目に看護協会のプリセプター研修に参加したことで、今後は自分も教えられる立場から教える立場になっていくため、後輩看護師に自信を持って確実に指導やアドバイスができるよう、日々勉強と振り返りを怠らないようにしていきたいです。

このページの先頭へ戻る